スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広々となったギルドルーム

ぎるどるーむ

多くの人が去り、広々となったギルドルーム。こうしてみるとギルドの大きさが分かる感じでもある。


とりあえず、もうわざわざ深夜おきて手伝ったりしなくていいのでリアルの生活は順調に体調回復に向かいつつあり、誰かに使っていたネクソンポイントやその為に割いていた時間も自分のものとして使えるようになったため、ギルドが活発であったときよりも実際はかなり楽になったといえる。


悲しいかな、現実は仲間が居ない方がゲームは捗るネトゲ・・・仲間は心の安定には大事だが、そのために自己を犠牲にしすぎる人には重荷になるのだろう。逆に、誰かに手伝ってもらい常に自分主体の意見を通せれば、そんな苦労もせず人を気にせずにゲームを謳歌できるのであろうか・・・・
スポンサーサイト

ギルドは所詮通過点・・・巣立つ人たち

ブログ更新もぜんぜんできてないままもう五月中旬なりそうな今日この頃、忙しくてしばらくギルドに顔をださないでいると半ば予想したかのように、ギルドを抜けるメンバーが次々出てきた。


前のギルドでもそのほかのギルドでもそうだが、抜けるときはたいてい集団だ。それも回りにあわせて流れ出ぬけていく。本人の中にギルドに居たいという気持ちとギルドに対する不信感や反感があるための葛藤からだろう・・・・そのため、一人が抜けると関を切ったように我も我もと抜けていく。


これが流れで抜けてしまうと案外そのままソロプレイになりマンネリ化してゲームをやめてしまうケースが多い。そして最後の最後までゲームがつまらなくなったのはギルドのせいだと呪いの思いでゲームを去っていく。なかなか対人であるが故の問題だ・・・・今回が初めてではないので私は前回より大丈夫だが、ギルドマスター初めてのときは私も抜け出ていくギルメンをものすごく罵り、相手をゲームができなくなるようにしてやろうとあの手この手を考えたものだ。


だがしかし、抜けるメンバーはいずれいつかは抜けてしまうメンバーである。過疎化しても残るメンバーはずーっと残るしコレが分岐点で、卒業や巣立ちなのだとおもう・・・正直そうおもわないとギルド作るたびにこんなのだからやってられないのだが・・・・なんでみんな同じようにお世話になったギルドを罵倒してでていくんだろうか。

プロフィール

ネスト

Author:ネスト
オンラインゲームマビノギにて陽炎師団のギルドマスター。
常に円柱状の兜をみにつけてることからバケツの愛称がある。あまりにかぶり続けてるため素顔を知るものは身内だけと数少ない。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。